設計・間取り

キッチンのタイプ別 メリットデメリットと向いている人

キッチンタイプメリットデメリット

キッチン。

料理に洗い物にレンチンにパーティーに、家の中でも使用頻度が高く新居には欠かせない設備ですよね。

キッチンのタイプも沢山あるので、迷ってしまいます。私も実際迷いました。

そこで、大まかなキッチンのタイプとそのメリットデメリットをまとめました。

後悔のないキッチン選びがしたい方はぜひ見てみてください。

 

キッチンのタイプ別 メリットデメリットと向いている人

 

今回は分類の一例として、以下の5種類のキッチンを紹介したいと思います。

・アイランドキッチン
・ペニンシュラキッチン
・壁付キッチン
・独立型キッチン
・セパレートキッチン

 

これらについて、特徴、メリット、デメリット、向いていそうな人をまとめました。

※こちらの分類はあくまで一例ですので、実際に決めるときには理想のキッチンの実現ができないか、設計士さんによく相談してみてください。

 

アイランドキッチン メリットデメリットと向いている人

特徴

システムキッチンの四方が壁に接していないで独立している(アイランド=島)

メリット

・周りをぐるっと回れるので、動線の自由度が高い

・ダイニングにいる家族との距離感が近い

デメリット

・通路の分広いスペースが必要になる。

・キッチンスペースが丸見えになってしまう

こんな方に向いていそう

・家族との距離を近くしたい・子供を見ながら料理したい

・長くいるダイニング・キッチンのスペースは開放感重視で広く取りたい

 

ペニンシュラキッチン メリットデメリットと向いている人

特徴

アイランドキッチンの左右どちらかの片側が壁についている(ペニンシュラ=半島)

メリット

・ある程度の開放感はある

・アイランドほど場所を取らない

・コンロの前横だけ壁にすることも可能

デメリット

・動線はアイランドより悪くなる

こんな方に向いていそう

・アイランドほど場所は取れないが、開放感は大事にしたい

・システムキッチンが見られるのは嫌なので、カウンターで隠したい

 

壁付キッチン メリットデメリットと向いている人

特徴

システムキッチンが壁に向かう形でついている

メリット

・キッチンとしてのスペースがコンパクトですむので、ダイニングスペースを広く取れる

デメリット

・家族に背中を向けて料理する形になる

・収納の中などが見られやすい

こんな方に向いていそう

・キッチンスペースは最小限でいい

・キッチンもインテリアの一部のように見て欲しい

 

独立型キッチン メリットデメリットと向いている人

特徴

キッチンスペースがダイニングなどとは独立している。

メリット

・料理に集中できる

・煙や匂いがキッチンから漏れず、ダイニングスペースが汚れない

デメリット

・広いスペースが必要

・ダイニング・リビングにいる家族とは隔絶してしまう

こんな方に向いていそう

・お料理が大好きで集中したい

・料理中動画などを撮ることが多い

・とにかく居住スペースを汚したくない

・お手伝いさんがいる(!)

 

セパレートキッチン メリットデメリットと向いている人

特徴

一般的なシステムキッチンと違い、コンロとシンクの位置が分かれている

メリット

・シンクとコンロが近く、料理の際の動きが少なくて済む

デメリット

・奥行きスペースが広く必要

・設備費用が多くかかる可能性

こんな方に向いていそう

・料理中にあまり動きたくない

・とにかく効率重視で時短料理がしたい

 

キッチンのタイプ別 メリットデメリットと向いている人 まとめ

キッチンのタイプ別に特徴、メリット、デメリット、向いている人をまとめました。

ひとくちにキッチンと言ってもいろいろなタイプがあり、自分たちのライフスタイルや用途によって一番いいスタイルを見つけていく必要があります。

また、こちらにあるのはあくまで一例なので、ほかにも希望があれば遠慮せずに設計士さんに相談することをおすすめします。

ぴったりのキッチンに出会えることを祈っています。

 

キッチンの配置含め、”家事がしやすい”などの希望を叶えてくれる間取りを提案してくれるのがタウンライフです。相談してみると自分の希望がより具体化していくと思います。

 

>>無料で間取りを相談してみる