インテリア

注文住宅の後悔 収納足りなかったところベスト3

注文住宅の後悔 収納が足りなかったところベスト3

建てた家で暮らしていく中で、毎日の生活をきれいに保つのに重要なのが収納ですよね。

特に、”足りなかった”・・・というのは避けたいものです。

が、しかし!これで十分!と考えて決めたつもりでも、足りなかった・・・が生じてしまったのが我が家。

これから間取りを考える方が収納で後悔しないように、少しでも参考になれば嬉しいです。

注文住宅の後悔 収納足りなかったところベスト3

それでは早速、収納が足りなかった!と思うベスト3を第3位から紹介していきます!

収納足りなかったところ:第3位 キッチンのパントリー

第3位はキッチンのパントリーです。

現在は左に食品と洗剤、料理本の類を入れて、右側に文具や薬、ティッシュやペット用品などがごちゃっと(!)入っています。

共働きの我が家、気づけばほとんどの時間をキッチンやリビングダイニングで過ごしているので、パッと使いたいものがここに多くてパンクしています。

もう少しキッチンやリビング小上がり、階段下収納をうまく活用できればいいのですが、なかなか手が回らずここに入れちゃえ!となってるのが現実です。

収納足りなかったところ:第2位 ダイニング横の収納

こちらはダイニングのスタディコーナー横の収納です。

書類関係や読んでる本、読みたい本、DVDやガジェット類、個人の持ち物・・・

つまり雑多なものをとりあえずつっこんでます。

保育園のおたよりに町内会のお知らせ・・・整理が苦手なのもあってどんどん膨らんでいく一方です。

ダイニングの収納、全然足りない!と思うのでした。

収納足りなかったところ:第1位 書斎の本棚

堂々の第1位は2階の書斎の本棚です。

夫婦ともに専門書や雑誌が好きで、妻の私は小説も漫画も大好き。

それでも壁一面本棚だし入るでしょーと思っていたら、ぜんっぜん足りない・・・

2階の納戸にも山積みになってあふれています・・・

今後、2階の納戸やまだ使用していない子ども部屋、廊下のなぞ空間などに本棚を新設して、分散させて収納を考えていこうと考えていますが、どう考えても家づくりの段階でやっておけば楽だったのに・・・と思っているのでした。

収納が足りない間取りで後悔しないために・・・

こんな、収納が足りない!とあとで後悔することがないように、間取りについてはいろいろと比較検討したいですよね。

そんな方には、タウンライフ家づくりというサービスで間取りを複数社からもらって比較するのもおすすめです。

希望をフォームに入力して送るだけで、複数のハウスメーカーから無料で間取りがもらえます。

>>【無料】タウンライフ家づくりを見てみる

各社が家事がしやすい家、安心して子育てができるリビングなどの希望も反映した間取りを作成してくれる上、比較検討できるので、より自分にあった間取りを見つけられそうですね。

注文住宅の後悔 収納足りなかったところベスト3まとめ

注文住宅の後悔、我が家の収納が足りなかったところベスト3をまとめてみました。

よく使うものを入れるところは特に、実際住んでみたら想定よりも入れたいものが多かった!というのがわかりました。

家族が集まるところは、必然的にみんなものを置いておきたくて増えていくようです。

あとは我が家にとっての本のように、趣味のものも結局捨てられないならば増えていく想定をしておいた方が良さそうですね。

絶対もの増やしません!という固い固い決心がある方以外は、上記のところに十分に余裕を持っておく必要がありそうです。

ぜひ間取りの段階で収納を熟考してみてくださいね!

 

>>【無料】タウンライフ家づくりを見てみる