おうちを楽しむ

これからの時代は”一畳書斎”が新トレンド?テレワークを有意義に

ZIPを観ていたら、コロナ後のおうちトレンドでは”一畳書斎”なるものが流行るとのことでした。

三密を避けるためにテレワークが普及してきており、2020.6月現在、カルビーが原則テレワークを発表するなど、在宅勤務が今熱いですよね。

これからもそのトレンドが進んでいくだろう、ということで、家に今あるスペースを生かして小さな仕事場=一畳書斎を作る人が増えてきているそうです。

これからの時代は”一畳書斎”が新トレンド?テレワークを有意義に

この記事では、”一畳書斎”とは?というところから、我が家でやるとしたらのアイディアまでを書いてみたいと思います。

 

”一畳書斎”とは?

一畳書斎とは、前述のZIPによると

テレワークをするため、狭いスペースに造った書斎

だそうです。

名前そのままですよね。

 

廊下の端っこに机を据え付けてみたり、寝室やリビングの一角に机を置いてデジタルガジェット類を充実させたりと、やり方は様々なようです。

ピンタレストに一畳書斎のアイディアを入れています。

\画像をクリック!/

 

この小さくて狭くて仕事だけをするために追い込まれたような空間というイメージが大変気に入ったので、我が家に作るとなった場合どうするかを早速考えてみました。

 

一畳書斎アイディア 我が家の場合

ということで、我が家が一畳書斎をやるなら、を考えてみました。

まず我が家の2階の間取りはこのような形になっています。

 

ざっと見てみて、めぼしいところを探してみると・・・

あった!

 

この廊下の謎の凹んだ場所が、ぴったりです。

 

こちらの場所に、このようなセットができれば、なかなかいい感じの一畳書斎の完成です。

 

ただ、こちら廊下なので冷暖房設備が遠いため、なかなか空調的には快適と言えない立地です。

それでもまだ子供部屋を使っていないので静かで、壁に向かって仕事ができ、集中できる環境が作れそうです。

書斎やリビングだと他の誘惑が多くて振り切るのが大変!ということもあるのですが、ここなら本当にただ壁とPCだけなので、案外向いている場所かもしれません。

今後必要にかられたら実際に作ってみようと思います。

これからの時代は”一畳書斎”が新トレンド?テレワークを有意義に まとめ

今回はZIPでやっていた”一畳書斎”について我が家の場合を考えてみました。

場所的にはコンパクトでよく、家具などで対応できるので、工夫すればどのご家庭でも作れるかな、と感じました。

これからますます熱くなりそうな”一畳書斎”、ぜひ検討してみてください。

 

 

テレワークが長期化したり、在宅勤務に形態が変わったりして本格的に書斎を作りたい!という方は部分的なリノベーションという手もあります。

タウンライフリフォームなら、リノベーションのプランと見積を無料で提案してくれます。

 

\相談してみる/